車の目立たない場所にGPS端末を忍ばせ、

車の目立たない場所にGPS端末を忍ばせ、

車の目立たない場所にGPS端末を忍ばせ、行動の様子をリアルタイムで監視し、現在地を確認したりデータログを後から読み出し調べたりします。


普段、運転しないような人の場合は、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。

こうすることによって、パートナーの行き先やそこにどのくらいいたのかもわかります。


不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。

離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、金額は少なくなってしまいます。さらに、不倫相手の方が不倫の事実はなかったと主張する場合には根拠が必要です。




無関係な人からみても明らかな不倫の証拠が必要です。




GPS端末を使い、頻繁に行く場所を調査して、張り込んでいると、いつかは来るはずですから、現場を押さえられると考えられます。


あまり予算が無い場合には、地図情報システムで調査するのも、様々なやり方の選択肢の一つです。

ただし、その装置を仕込んだことが知られてしまう事があります。

あなたの配偶者が不貞を犯したら、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。

ただし、配偶者が不倫をする前から、家庭内で別居している状態であったり、夫婦の関係が冷め切っていたときは、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。


慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなど総合的に判断して裁判所が慰謝料を決めます。浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。

それは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。


浮気の痕跡が確かでない場合は調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。

不倫相手の存在が確かになれば次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、不倫相手の正体を確かめるのです。パートナーが浮気していると分かっても別れたくなければ密会の場面に行こうとするのはしないほうがいいでしょう。


パートナーを裏切ったことがバレた途端にパートナーの感情を逆なでしてしまい、離婚を避けられない事態に陥る可能性を否定できません。


加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に、大きく消耗することになります。探偵を頼むにはお金が掛かりますから、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、実際にやってみるとそう簡単ではなく、相手に悟られず尾行をするのは簡単じゃありません。




変に思われてしまえば警戒されるので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。誤魔化せない証拠を掴みたいなら、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。

探偵による浮気調査の結果、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。




不信感を抱いてしまった相手と死ぬまで一緒にいるとなると相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。

あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を求めれば、配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。



いくら成功報酬制を採用していると言っても、例えば、浮気調査を依頼したケースでは、調査期間が3日間しかなかったとしたらその3日の間だけは浮気がなかったとすればその調査は成功したということになってしまいます。実際のところは不明確であっても、その3日間だけ浮気が見つからなければ、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、調査は完了し、成功報酬として料金を支払うのです。どのような服装か確認することで決定的な浮気の証拠を発見できます。



浮気をすると、目に見えて出現してくるのは今までとは変わった服装です。



それまではお洒落には興味がなかったのに、いきなり服装に関心を持ったのであれば慎重に見ておく必要があるでしょう。




いつか浮気しそうな人や、今すでに浮気をしている人がいたりするかもしれません。


探偵 料金 相場 興信所 料金