浮気調査の費用節約というと、自分でで

浮気調査の費用節約というと、自分でで

浮気調査の費用節約というと、自分でできる範囲までは事前に調査してから調査会社へ依頼することです。難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。


ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけで良いだけです。


毎日、出勤していった時間や、帰宅時間、だれかと電話をしているようなら、その時間と話していた時間の記録もしておきましょう。


実際の浮気調査では、何人の調査員が必要なのかというと、調査内容により、さまざまではありますが、2人で調査することが多いようです。


しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、本当に浮気なのかを調査員が1人で浮気をしている証拠をつかんだら、再度計画を立てて調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。



身なりを確認して決定的な浮気の証拠を発見できます。浮気をすることで、目立って現れてくるのは変化していく服装です。

以前はファッションに対して無頓着だったのに、突然にファッションにこだわるようになったら注意が必要でしょう。浮気へと進展しそうな人がいたり、今すでに浮気をしている人がいたりするかもしれません。




探偵をお願いすると高くなるので、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、いざ、自分がしてみると変に思われず相手を見張り続けるというのは楽なことではないといえます。相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、怪しい行動は控え、浮気していてもしばらくしないかもしれないのです。


誤魔化せない証拠を掴みたいなら、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。探偵の尾行代がいくら位かと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。

もちろん、調査員が少数なら安く、増えれば増えるほど高くなります。

また、尾行の時に移動に車やバイクを使用するケースでは、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認したほうが良いでしょう。

夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込み修羅場と化すシーンは、ドラマのシナリオでもお馴染です。夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、相手を刺したり、殺してしまうサスペンスドラマも少なくありません。

浮気しているところを捕まえて問い詰めるのもやり方の1つでしょう。離婚も辞さない覚悟なら、試してもいいと思います。いくら成功報酬制を採用していると言っても、例えば、浮気調査を依頼したケースでは、調査期間が3日間しかなかったとしたらその3日間だけ浮気をしていなければその調査に関しては成功ということになります。

実際には浮気していたとしても、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、専門的な調査は完了となり、成功報酬としての料金を請求されます。

コミュニティ型のWebサイトを通じて浮気の事実が明るみになることもあります。SNSは名前を伏せて利用している事もあるので相手も思いがけずに、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事が珍しい事ではありません。場合によっては、浮気を証明する根拠となる行動をネットに公表している場合もあるのです。ユーザーIDを見つけたなら検索してみて下さい。

自分でやみくもに動き回るよりは、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。専門家である探偵にお願いすると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。




自分で手を尽くして調べてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。




しかし、相手を責めたてても頑として浮気してない、と言い張ったら、有利な条件で離婚できません。そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。例え、配偶者が浮気している場合でも離婚を避けたいのなら浮気している現場に直接行くことは避けましょう。


浮気していることを指摘された結果、パートナーの感情を逆なでしてしまい、夫婦関係が修復不可能になることもあります。


加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。



探偵 料金 相場 興信所 料金