浮気調査の第一段階ですべき事は、本当

浮気調査の第一段階ですべき事は、本当

浮気調査の第一段階ですべき事は、本当に相手が浮気しているかの調査です。


浮気の痕跡が確かでない場合は一度、浮気調査を続けるか決める必要が出てきます。もしも浮気が確かなこととなれば、次にすべきことは、浮気相手の特定です。

パートナーの日々の行動を追跡したり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、不倫相手の正体を証拠として押さえるのです。日常生活の中で、相手の行動をよく見ておくことは他人に頼まなくても可能ですが、浮気を認めざるを得ないような証拠を入手するためには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が安全、安心です。

そして、探偵をお願いした場合は、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。


離婚ということになってもかまわない、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。

けれども1人で踏み込むと、揉める元なので、止めておきましょう。


信頼する人に付いて行ってもらえば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。

心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。



浮気調査の費用の節約には、自分でできる範囲までは事前に調査してから調査会社へ依頼することです。調査と聞くと大変そうに聞こえますが、そんなことはありません。パートナーの行動を毎日記録するようにすれば調査費用の節約につながるのです。日々の仕事に出掛ける時間、帰ってきた時間、電話で誰かと通話していれば、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。



実際の浮気調査では、調査の方法や時間などによって幅がありますが、2人で調査することが多いようです。しかし、まだ浮気が確定でない場合には、本当に浮気なのかを調査員が1人で調査することが多いでしょう。浮気をしていることがはっきりとしたら、再度計画を立てて調査員の数などの詳細を決めていきます。探偵が行う浮気調査でも毎回成功するとは限らないでしょう。

探偵は浮気調査において精通しているとはいうものの、思わぬミスをすることがごく稀にあります。




調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行がばれることもあるでしょう。

もしくは、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には証拠入手が困難です。調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発覚してしまった場合、結婚生活を続けていいのかどうか選択に困りますよね。

そうならないように、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、不貞行為に対する慰謝料を要求して離婚という別れを選択するのも一つの方法です。



いくら成功報酬制を採用していると言っても、例えば、浮気調査について依頼したとすると、その際の調査期間が3日間だったとするとその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければその調査は成功として扱われてしまいます。




本当は浮気をしているという場合でも、その3日間だけ浮気が見つからなければ、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、浮気調査は終了してしまい、成功報酬を請求されるのです。



不倫に関する問題を相談するなら弁護士に相談することをオススメします。離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかを考えてから相談するようにしましょう。

不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵や興信所に相談しましょう。女性の場合だと、近所の奥さんや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、噂されたくない場合には、絶対にしてはいけません。



浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。


それは悲しみの余りその場で暴力に訴えてしまうかも知れません。どんな人でも、いざ自身の目で浮気現場をみてしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例がこれまでに多くありました。




スムーズに物事を進めるためにも浮気の証拠を押さえるためにも、専門家である探偵に依頼するべきでしょう。


探偵 料金 相場 興信所 料金