しょっちゅう同じ電話番号から繰り返し、また

しょっちゅう同じ電話番号から繰り返し、また

しょっちゅう同じ電話番号から繰り返し、また定期的に取り合っているとなるとその相手が浮気相手であるという可能性はある程度間違いないと思われます。

そういったことが見受けられたらその電話番号の相手を見つけ出せばいいのです。




しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手との電話の後には電話番号の履歴を毎回削除しているということもあります。


携帯電話の通話履歴から浮気の証拠が掴めます。理由は携帯が浮気相手に連絡する手段としてごく自然に使われるからです。最近はメール、LINEで連絡をする機会も増えましたが、やはり好きな人の声を聞きたくなるのは当たり前です。


ですから、空き時間に電話することは十分考えられます。

例え、配偶者が浮気している場合でも離婚を避けたいのなら浮気現場を押さえようとすることはやらないほうが無難です。



浮気が発覚したことでパートナーの感情を逆なでしてしまい、別れなければいけなくなってしまうことがあるでしょう。その上、浮気相手との会話によってひどくイライラさせられてしまいます。


せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、依頼者のちょっとした言動で、パートナーに気づかれてしまって、浮気調査が難しくなり、失敗という結果に終わることもあるでしょう。




浮気調査を探偵に依頼しても、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。

成功しなかったときの調査にかかった費用についても、契約書を作る際に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。


不倫問題を相談したいと思うなら弁護士がいいでしょう。離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかをよく考えてから相談するといいでしょう。また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵や興信所に相談するようにしてください。



女性の場合だと、近所の奥さんや友人に相談してしまう人もかなり多いですが、噂されたくない場合には、相談しないようにしましょう。



パートナーの浮気リサーチを探偵にお願いする時、一般的には、何人の調査員を雇って、どの程度の日にちで調べるのかをあらかじめ打ち合わせをしておきます。探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、浮気調査を行った期間が長期にわたれば高額の調査費が必要になってしまうでしょう。


探偵業者によって、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。




着るものが今までと違った系統になってきたら、怪しい兆候です。浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、ちょっとだとしてもセンスの良いところを見せようとしたりしている可能性も高いです。

ある日から、服装が年相応でない色や柄のものを選んで着るようになりだしたら、非常に危険です。




服の中でも、きれいな下着をつけるようになった時、浮気をしているかもしれません。




実際の浮気調査では、調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、調査内容により、さまざまではありますが、多くの場合、調査は2人くらいで行うと言われています。調査員が1人で浮気をしているかの確認を行う場合が多いです。もう一度計画を練り直して調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。


離婚ということになってもかまわない、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。

その場合でも、自分だけで乗り込むというのは大きい揉め事の原因になりうるので、止めておきましょう。あなたが信頼する人と一緒に行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。信頼できる人が見つからない場合は、探偵に依頼するのがベストだと思います。配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気のことがわかるものをつかむ事もできるでしょう。いつもなら立ち寄らないようなコンビニのレシートをしばしば見ることが多くなったら、いつもその近くに何度も行っていることになるのです。

その場所で監視していると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。



探偵 料金 相場 興信所 料金