探偵の尾行代がいくら位かと言うと、何人の調査員が動

探偵の尾行代がいくら位かと言うと、何人の調査員が動

探偵の尾行代がいくら位かと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。もちろん、調査員が少ない人数なら安く、多ければ多いほど高くなります。また、尾行の時に車やバイクを使うと、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、確認したほうが良いでしょう。探偵事務所のなかでも料金が成功報酬のところは、調査に成功した場合でないと調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。その結果として、成功報酬の方が、浮気調査費を安く抑えられるわけではないのです。




調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、信頼できる料金システムを提示している探偵事務所に依頼する方が納得いく結果が得られるでしょう。探偵が行う浮気調査でも毎回成功するとは限らないでしょう。探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、成功しないことがありえます。相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。

もしくは、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠を入手しようがないです。



どれだけの人が調査に加わっているのかというと、調査内容により、さまざまではありますが、調査に行くのは2人程度なんだそうです。ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、調査員が1人で浮気をしているかの確認をすることが多くなります。浮気が確実なものとなったなら、もう一度計画を練り直して調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。

浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、それだけ調査費用が節約できるわけです。


といっても、いつ浮気をしているのかを知っているにしても、友人を説得して証拠を撮ってきてもらうにしても、多くが失敗するに違いありません。気づかれずに写真撮影を行うには探偵に頼むのが一番いいに決まっています。




浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」です。実費とは具体的には交通費やフイルムや現像料などをいいますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるでしょう。時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、費用を算出します。


浮気調査を行う期間が短ければ請求額も少額となります。


本人が知らないうちに、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。浮気現場の写真を撮ったとしても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは残念ながら証拠とは言えません。

浮気の調査を探偵に任せると、非常にコンパクトなカメラを使って全く気づかれずに鮮明に写真におさめることができます。



GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に取り付けておいて、行動を常時監視し続け、現在地を確認したり記録したデータを後から取り出して行動を確認することができます。


移動手段に、車を使わない人の場合は、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。



そうすれば、相手がどこに行ったのかや滞在した時間も割り出すことができるでしょう。実際に探偵に頼むことで浮気の証拠を掴む事が可能です。

相手がおかしいと思った時、最初は自分でなんとかしようとすると思います。ですが、浮気の決定的な証拠を自分だけで収集しようと思っても、相手に見つかるという可能性はあるでしょう。


はっきり言ってその理由は、顔がばれてしまっているからです。

着る洋服を見ることで浮気の裏付けをすることもできます。



浮気をすることで、明確に分かるのは変化していく服装です。おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、突然にファッションにこだわるようになったらよく見ることが重要です。今後、浮気をしそうな人がいたり、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。



探偵 料金 相場 興信所 料金