探偵を頼むにはお金が掛かりますから、「私

探偵を頼むにはお金が掛かりますから、「私

探偵を頼むにはお金が掛かりますから、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。



簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、実践してみればそうはいかないもので相手に勘付かれずにつけるのは楽なことではないといえます。勘付かれれば警戒をされるものなので、怪しい行動は控え、浮気していてもしばらくしないかもしれないのです。




誤魔化せない証拠を掴みたいなら、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。


 探偵が用いている追跡グッズとは 自分で購入できるのかといえば購入できます。追跡グッズは、一般にはGSP端末を用いるというケースがほとんどですが、誰でもネットなどで購入が可能です。


車に載せているのをよく見るGPS端末は、本来、車の盗難されたときのために付けておくものですので、誰でも買えるのは当然です。

まず探偵について見てみるならば、誰かに不審に思われないようきめ細かく配慮しながら粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、まず身分を明かしておいて表立ってリサーチを行うようです。探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると見てよさそうです。



探偵が尾行する際の料金はと言うと、調査する人の数にもよりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。

言うまでもありませんが、調査員が少数なら安く、多くなるほど高くなります。また、尾行の時に車とかバイクで行う場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認するべきでしょう。あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。ただし、配偶者が不倫をする前から、仮面夫婦と化していたり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。


慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、あなたの年齢、結婚歴等いろいろな事を鑑みて裁判所が慰謝料を決めます。探偵の浮気調査に支払う費用は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。


実費とは具体的には交通費や写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査員の食事代が足されるケースもあるみたいです。


また、時間給は調査員の人数×調査時間で、費用を算出します。調査にかかる時間が短いほど支払いも安くすみます。食事をした際の請求書にはお通しの注文数から同席していた人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。


かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細はしっかり月ごとに見るようにします。



仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、一人ではなく誰かといたおそれがあります。

探偵が浮気調査する時でも失敗することがないことはないのです。探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、失敗しない保証が少なからずあります。パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。


それに、浮気調査実施中に不倫相手と密会しない場合には尻尾を掴みようがないです。


運転する人の目につかないところにGPS端末を取付して、常時、移動の内容を監視し続け、今いる場所をモニターしたり、データログを後から読み出し行動を確認することができます。

普段、運転しないような人の場合は、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。



これで相手がどこをどう移動して、そこで過ごした時間もわかるでしょう。成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、その際の調査期間が3日間だったとすると調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査は成功として扱われてしまいます。実際のところは不明確であっても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、調査期間を終えてしまい、成功報酬を請求されるのです。



探偵 料金 相場 興信所 料金