探偵 素行調査 料金

探偵 素行調査 料金

GPS装置を用い、頻繁に行く場所を調査して、その近所をウロウロしていれば、パートナーが現れるはずですから、現場を押さえられると考えられます。

懐具合が心もとないときには、地図情報システムで調査するのも、やってみて損はないと思われます。

その機械を付けている事が知られてしまう事があります。

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。

離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、金額は少なくなってしまいます。

さらに、不倫相手の方が浮気を否定するケースでは根拠が必要です。

第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠が必要です。

一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。

当然ですが、調査員が少数なら安く、増えるほど高くなります。

そして尾行の際、車とかバイクで行う場合、別途交通費、車両費として請求されることがありますので、確認がいります。

生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵に依頼する際には、通常、調査をする人の数と調査にかける日数を前もって相談します。

探偵は1万円以上の時給が相場と言われており、調査が長期になれば支払う費用も高くなるのです。

探偵業者によって、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。

 探偵が使っていることで知られている追跡グッズとは 自分でも買えるものかと言いますと、買うことができるのです。

追跡グッズは、GPS端末を一般に用いることが多いのですが、誰でもネットなどで買うことができます。

車に載せてあるGPS端末は、車の盗難を考えた上でつけておくものですので、誰でも当然購入できます。

浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、多くの場合は3〜4日間です。

しかしこれはあくまでも一般的な期間です。

普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあり得ます。

一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日が調査員に伝えられていた場合は、1日で十分な証拠が集まることもあります。

自分でやみくもに動き回るよりは、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。

探偵に依頼すると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。

素人が調査をしてみても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。

しかし、相手を責めたてても浮気の事実はないと逃げられたら、有利な条件で離婚できません。

有利な条件の離婚には確実な証拠がどうしても要ります。

配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気の証拠を把握することもあります。

まず、普段は入らないようなコンビニのレシートをしばしば見かけるようになったら、その周辺に普段から何回も行っている事になります。

その場所で監視していると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。

浮気現場の日時がわかっていると、調査が必要とする時間は減るので、調査にかかるお金は少なくなります。

そうはいっても、浮気をしているときが特定できているなんていっても、友達に何とかきいてもらって、証拠を撮ってきてもらうにしても、骨折り損になることは確実です。

ばれないで写真を撮影するには探偵を雇うのが賢明でしょう。

浮気した事実をカーナビで証明できるのです。

こっそりとカーナビにある履歴を見て、浮気の相手とドライブデートした場所を見つけられることがあります。

あまり見たことがない場所の履歴を見つけた場合注意しなければいけません。

それに加えて、しばしばもしもガソリンが入れられていたら、デートに車が使われているかもしれません。

プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚をしないという選択肢もあります。

ご夫婦に子供がいる場合ですと特に配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで離婚とは、そう簡単にすることができないものです。

相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。

男手一つで育てる場合にもまた同様で仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。

探偵が浮気調査する時でも失敗したりするようです。

探偵が浮気調査に精通しているといっても、失敗することがありえます。

相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。

それか、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠を掴みきれません。

実際に探偵に頼むことで浮気の証拠が掴めます。

相手の様子が浮気を想わせた場合、証拠を自ら集めようとするでしょう。

でも、浮気の証拠を自分だけで集めようとしたら、相手に気づかれてしまう可能性はあるでしょう。

その原因ははっきりしており、相手があなたの顔を知っているからです。

ご自身での浮気調査がオススメできない理由はカッとなってしまう場合があるのです。

強い心を持っている人でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例が多数確認されています。

平穏に解決するためにも、確かな証拠を得るためにも、専門家である探偵に依頼するべきでしょう。

探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。

実費は交通費、写真撮影にかかる費用などですが、調査中の食費が加わることもあるみたいです。

そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、費用を算出します。

調査にかかる期間が短くて済めば請求金額も少ないです。

離婚も辞さないつもりで、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。

けれども1人で踏み込むと、揉め事を大きくする可能性があるので、できるだけ避けましょう。

信頼する人に付いて行ってもらえば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。

あなたが信頼できる方がいない場合、探偵に依頼するという方法があります。

夫が浮気しているところを奥様がつかまえておぞましい戦場になるシーンは、映画やドラマでよく描かれます。

ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというストーリーもよく使われます。

浮気しているところを捕まえて問い詰めるのもやり方の1つでしょう。

別れるつもりがあるならば、やってみる手もあるでしょう。

GPS端末は、車の目に触れないところに取り付けておいて、行動の様子をリアルタイムで監視し、現在地を把握したり、データログを後から読み出し行動の様子を分析したりします。

普段、運転しないような人の場合は、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。

これで相手がどこをどう移動して、どのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。

浮気の事実を調べる為に調査依頼をする場合、支払う料金が低過ぎたり、 逆に高い料金設定であったりするところではなく、細やかな料金設定がされており、追加の調査料を払わなくて済むような探偵事務所が望まれます。

その他、関係団体に届け出ているのかお調べください。

法に反して調査を実施している業者には依頼は控えた方がよいでしょう。

時間単位での尾行料金が設定されている場合、尾行をする時間が短い方が、安い料金で行うことができます。

よって、探偵に尾行依頼をするなら、相手の日々の行動をよく知っておくことが大切です。

自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に尾行をお願いすると、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができ、お互いにとってメリットのある依頼になります。

探偵 素行調査 料金関連ページ

探偵 素行調査 費用
探偵 人探し 料金

探偵 料金 相場 興信所 料金