探偵 費用

探偵 費用

GPSが繋がるものを使って、頻繁に行く場所を調査して、見張っていれば、必ず来るはずなので、現場を押さえられると考えられます。

調査依頼には費用が必要ですが、ご用意いただけない場合には、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、様々なやり方の選択肢の一つです。

その機械を付けている事がわかってしまう事もあります。

生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵にお願いする時、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間を事前に話し合います。

1時間で1万円以上もの費用がかかるので、調査が長期になれば支払う費用も高くなるのです。

興信所などによって、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、口コミなども調べていったらいいと思います。

せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、パートナーに気づかれてしまって、浮気調査が難しくなり、失敗してしまう場合もあるでしょう。

いくら探偵の浮気調査でも、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。

失敗した場合の代金についても、調査を始める前に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。

ただし、配偶者が不倫をする前から、家庭内で別居している状態であったり、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。

慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、何歳であるか、何年結婚しているかなど色々な事を考えて裁判所が慰謝料を決めます。

日々の生活の中で、相手の行動を注意しながらみることは自分ひとりでできないことではありませんが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を掴む場合には、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方が失敗がありません。

そして、探偵に頼む場合、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。

浮気調査の費用を節約する方法は、ある程度自分で前もって調査をすることでしょう。

調査とはいっても簡単にできることなのです。

ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけで立派な調査なのです。

毎日、仕事に出掛けた時間、帰宅した時間、電話が掛ってきたなら、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。

探偵は依頼されたことのみを調査すればいいということではありません。

浮気の実態を調査し始めると、思ってもみないトラブルが起こる時があります。

そういう時には、依頼した人のことを一番最初に考えてくれる探偵が信用していい探偵と言うものです。

信頼してもいい探偵なのかは、相談する時の様子などで落ち着いて決めてください。

妻又は夫が浮気していることが明らかになっても別れたくなければ浮気している現場に直接行くことはやめるべきです。

浮気が発覚したことで配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、別れなければいけなくなってしまうかもしれません。

それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に、大きく消耗することになります。

浮気調査は第三者に任せるべき理由は悲しみの余りその場で暴力に訴えてしまうかも知れません。

強い心を持っている人でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうと逆上してしまったという例が多数確認されています。

スムーズに物事を進めるためにも本来の目的を達成するためにも、浮気現場を押さえるのは探偵に任せるべきでしょう。

浮気の証拠は携帯からも掴めます。

携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとして使うことは当然考えられます。

最近ではメールや、LINEなどのアプリを通じて連絡を取ることが多くなりましたが、浮気相手の「声」を聞きたいと思うことは安易に予想できます。

何気なく電話していることも十分ありえるのです。

探偵が使うという追跡グッズとは 自分自身で買えるのかと言われたら買えます。

追跡グッズは、GPS端末を一般に使うことが多いのですが、これはどんな人でもインターネット等で買うことができます。

車に載せているのをよく見るGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので、当然、誰でも購入できます。

法律の中で、夫婦関係にある人がパートナー以外の人と自分の方から男女の関係になることを不貞と定めています。

すなわち、法律の上では、性関係になければ、食事や遊びに行ったとしても、不倫ではないのです。

自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。

浮気の調査を探偵に任せ、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。

不信感を抱いてしまった相手と死ぬまで一緒にいるとなるとそのストレスはかなりのものになりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。

それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を求めれば、配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。

探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。

言うまでもありませんが、調査員が少ない人数なら安く、多いほど高くなります。

そして、尾行時に移動に車やバイクを使用するケースでは、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認が大切です。

相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚の必要性については考えるべきでしょう。

特にお子さんがいらっしゃる場合、浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。

相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、理由をつけて支払われないことも多いですから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。

男手一つで育てることも、また同様に仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。

動き方を書き留めておくことで浮気の根拠を示せることもあります。

基本的に、日々の行動には決まったパターンがあります。

しかし、浮気すると、動きの法則性が変化してきます。

変わった時間帯や曜日が断定ができたら、動き方をよく見ていると、浮気の決定的な証拠をつかむ見込みが増えます。

夫が浮気しているところを奥様がつかまえて惨憺たる状態になるのは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。

配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、殺傷沙汰にまでなってしまう脚本もしばしば書かれます。

配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのもあっていいやり方でしょう。

離婚まで覚悟しているならば、やってみる手もあるでしょう。

もし貴方が浮気されて、「裏切られた!!」と感じ、慰謝料を請求する側になったとすれば、相手のことは、ちゃんと知っておかないといけない訳ですし、間違いのない、裏切りの数々を見せられなければなりません。

それには探偵の浮気調査が有用で、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を捉えてくれますし、適切な形で裁判にでも通用するように、用意してくれるでしょう。

着ている服を見て浮気の裏付けをすることもできます。

浮気をしているときに、分かりやすく現れるのは着る洋服の違いです。

お洒落には今まで関心がなかったにもかかわらず、いきなり服装に関心を持ったのであれば注意が必要でしょう。

今後、浮気をしそうな人がいたり、今すでに浮気をしている人がいたりするかもしれません。

浮気調査に対して探偵に払う費用は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。

実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるかもしれません。

そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、計算した費用です。

浮気調査を行う期間が短ければ請求額も少額となります。

探偵 費用関連ページ

探偵 料金表
別れさせ屋

探偵 料金 相場 興信所 料金