別れさせ屋

別れさせ屋

GPSが繋がるものを使って、行きつけの場所の情報を探して、見張っていれば、パートナーが現れるはずですから、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。

懐具合が心もとないときには、端末などで調べるのも、様々なやり方の選択肢の一つです。

ただし、その装置を仕込んだことが知られてしまう恐れもあります。

不倫をされてしまったら、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。

ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、家庭内で別居している状態であったり、夫婦の関係が冷め切っていたときは、慰謝料を求めることが難しいでしょう。

慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、あなたの年齢、結婚歴等全体的にみて裁判所が決定します。

どのような服装か確認することで浮気の実証ができます。

浮気をすることで、目に見えて出現してくるのは今までとは変わった服装です。

それまではお洒落には興味がなかったのに、いきなり服装に関心を持ったのであればよく見ることが重要です。

今後、浮気をしそうな人がいたり、今すでに浮気をしている人がいたりするかもしれません。

探偵の浮気調査を例に挙げても失敗する場合があるでしょう。

探偵が浮気調査に精通しているといっても、思わぬミスをすることがありえます。

調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。

それか、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には尻尾を掴みようがないです。

法律の中では、婚姻関係にある人が婚姻関係にない人と自分から男女の関係にいたることを不倫と定義しています。

ということは、法に従えば、男女関係に発展していなかったら食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではありません。

男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。

不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいまでになることもあります。

離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、金額は低いです。

さらに、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要となります。

第三者からみても明白な浮気の証拠が必要です。

浮気という証拠はカーナビでもつかめるでしょう。

カーナビにある履歴を確認し、相手とドライブデートで浮気したところを見つけられることがあります。

履歴が見慣れない場所であった場合注意しなければいけません。

そして、しばしばもしガソリンを入れていたら、車を用いてデートされている可能性があるかもしれません。

探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が明らかになった時、結婚生活を続けていいのかどうかなかなか決められずに困りますよね。

そうならないように、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。

夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。

事前に成功報酬と言われていても、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、その際の調査期間が3日間だった場合、その3日間の調査期間の間に浮気をしていなければその調査に関しては成功ということになります。

本当は浮気をしているという場合でも、調査中に浮気が見つけられなかったら、浮気かどうかの証拠をつかむことなく、専門的な調査は完了となり、成功報酬を請求されるのです。

飲食店を利用した際の領収証には定食の数から一緒にいた人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気と特定する材料となります。

加えて、支払いをクレジットカードでした時は月々チェックするようにします。

仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、浮気相手と過ごしていたと判断される事があります。

浮気を調査を依頼する時には、あり得ないほど低い報酬額であったり、または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、より細かな料金プランが提示されていて、後で追加料金を請求してこないような探偵事務所が良いかと考えます。

その他、関係団体に届け出ているのか確認が必要です。

法を逸脱した調査をしている探偵社には浮気調査の依頼をやめておきましょう。

探偵の特徴としては、誰かに不審に思われないよう慎重に慎重を重ねて地味にコツコツと調査していきますが、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、先に自分の所属を明かしてオープンなやり方で情報を集めるようです。

探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、興信所の方は情報収集に向いていると、おおまかには考えられます。

なんとアルバイトの探偵がいるようなことがありえます。

アルバイト、探偵で検索すれば、募集がかかっていることを知るでしょう。

このように、バイトが仕事をしている探偵事務所も多いのです。

浮気調査をさせようとするときには、個人情報がないと調査のしようがないですよね。

バイトだと簡単に辞職することも考えられますし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。

浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、調査期間は短くなりますので、調査にかかるお金は少なくなります。

ですが、いつ浮気をしているか把握していても、友達に何とかきいてもらって、写真撮影をお願いすると、成功することはほぼないはずです。

ばれないで写真を撮影するには探偵に頼むのが一番いいに決まっています。

自ら動くより、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。

探偵に依頼すると、浮気の証拠を確実につかむことができます。

素人が調査をしてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。

しかし、相手を責めたてても「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、有利な条件で離婚できません。

有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。

妻又は夫が浮気していることが明らかになっても別れたくなければ浮気している現場に直接行くことはやめるべきです。

浮気していることが明らかになってしまうと妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、離婚を避けられない事態に陥る可能性を否定できません。

しかも、浮気相手に直接関わった結果、精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。

 追跡グッズという探偵が使うものは 自分でも買えるものかと言いますと、買うことができるのです。

一般的には、追跡グッズはGSP端末を使用されることが多いですが、どんな人でもネット等で買うことができます。

車に載せてあるGPS端末は、車の盗難を考えた上でつけておくものですので、いかなる人でも購入できるのは当然です。

浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、平均で3〜4日かかるといわれています。

最初に断わっておきますが、これはあくまでも一般的な期間です。

調査の対象者がとても用心深かったりすると、3〜4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあります。

一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日が調査の前に分かっていれば、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。

配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気の証拠をおさえる事もできる可能性があります。

最初に、普段立ち寄らないような毎回、コンビニのレシートを見かけるようになったら、いつもその近くに向かっていることになるでしょう。

その場所で監視していると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。

浮気の調査を探偵に任せ、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。

心から信用のできない人間と死ぬまで一緒にいるとなると相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。

それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を請求したならば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。

別れさせ屋関連ページ

探偵 料金表
探偵 費用

探偵 料金 相場 興信所 料金